monaverse 

(ドメインの初心)

 

Monadology   +   Universe = monaverse 

 

 

モナドとは世界の素粒子なる「一」

言霊とも言う。

今、ここにある宇宙。

 

 

  re-verse(ねじれ) ∞ re-birth (蘇生)

 

 

「一一の微塵の中に、仏国海が安住し、仏雲が遍く護念し、弥綸して一切を覆う。一つの微塵の中に於て、仏は自在力を現じ、一切微塵の中に、神変することも亦是の如し。諸仏及び神力は、盧舎那の示現したもうなり」(華厳経)

 

 

「自然数の1」を問う。

目に見えない、流れを紡ぐ。
実と虚が、ねじれて繋がる。
法則が、象となり顕れる。

 

 

無(0)と全体(∞)とに依って自然数の1が規定され、千変万化の現象界をつくりだす。規定された1は、陽(実)と陰(虚)とに分極する。

自然数の単位1を選び取ることをBogoliubov変換といい、それはフラクタルに無限に存在し、豊かさの源泉である。

 

風土記を形どる言葉はまた大地に根ざす。

素朴さの深みにおいてこそ普遍へとたどり着けるに違いない。

真寸鏡うらを形のおもてにてうらをおもての光とはみよ

風  土  水  火  重力

水は生命に遍く示現し、実と虚の接点の多元的振動を増幅する。
言葉のように存在と存在を媒介し、動的な流れを生み出す。

 

住みよい庭を、つくりたい。

このホームページの目的は、心地よい「庭」をつくることである。インターネットの空間でのドメインにおける庭である。庭とは場であり、生命を育むものだ。目的が先行した「畑」からいきものが調和する「庭」へ。なるべく人間の先入観を削ぎおとしながら思考し、その足跡をのこして行きたいと思っています。自分が生まれた初心に還り、宇宙の初心に還りたい。そして、この宇宙船地球号に生きることを生業としていきたい。この庭が誰かの思考空間にとっても棲みよいものとなることを想像しながら、オンラインの隠居生活に逍遥していきたいと思います。

 

 

gallery of books

 

gallery of stories

名前のついた理論未然の悠久シリーズ

 

contents

・前提

・《陽》と【陰】のカップル

・『万物の根源は○○である』の構造

Project 1375 (プロジェクトイサナゴ)・丹の庭シリーズ

 

 

 

 

 

 

東経135°日本最北端を担う地、丹後。

複合発行技術と磯砂山から始まる宇宙船地球号ハブ丹後(Spaceship-Earth HUB TANGO)の物語が紡がれます。

 

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る