前提

前提

# monaverse.comにおけるすべてのコンテンツの前提となる内容です。
[#1] この世界のあらゆるものは何がしかのやり方でつながっている。したがって「全宇宙」という名で規定しうる(超越的な)集合を想定することができる。すべてが繋がった結果としての集合の存在を、自然数の[1]の根源であると考える。
[#2] 名に関連した対象を認識するということは、上記「全宇宙」が[名/非名](名で認識された対象と、それ以外のすべて)に分離することになる。
言語による認識は同時に[1]つのもの(名)しか認識できないという有限性が、あらゆる二元的性質の源であると考える。
[#3] 上記[名/非名]はその境界(間)によって統合されることができる。過去/未来という時間のパラダイムの中では、それは永遠のいまと言っても良い。
尚、常世の水辺という名前は、この捉えがたき統合の象徴としての”あいだ”を海と浜辺のはざまに託したものです。
さらに[#1→#2→#3]という型を、静的なものとして捉えるのではなく、型の運動を動的に捉える(=動態系の思考)ことで、単純な型と豊かな世界の諸相とが織りなす世界を有機的にみていきたいと考えています。
投稿を作成しました 9

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る